簡便な使用方法が知名度拡大の理由

オンラインカジノは当然ながらギャンブルです。
そのため、世の中に多々あるベット術を活用できます。

ベット術も様々です。
ゲームに合わせたものを活用することで、感覚に頼ったベットよりも効率よく利益を得られたり、あるいは敗北分を上手く回収することが可能になります。
そんな、数あるベット術の中でも初心者から上級者まで幅広く親しまれているベット術といえばマーチンゲール法です。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とはギャンブル全般にて用いられるものです。
主にイーブンベットにて使われる手法で、ギャンブルに於けるベット術の基本とさえ囁かれているものです。

マーチンゲール法がここまで幅広い支持を集めている背景にあるのは、簡単で、且つ敗北を補うことができる点にあります。
もしもですが、複雑怪奇なシステムを覚えなければならないものであれば、マーチンゲール法は「効果的ではあってもハードルが高いベット術」として、ここまで幅広い支持を集めるには至っていなかったことでしょう。

しかし実際には、マーチンゲール法は負けたら倍にしてベットしていくだけのシンプルな手法です。
初心者でも少し計算すればすぐにでも分かりますし、何よりマーチンゲール法はイーブンベットのゲームに用いることで大きな効果を発揮しますので、初心者でも勝利を味わいやすいです。

いわば2分の1で勝利を掴めることになりますので、初心者でも2回に1回は勝てる計算になります。
その際に、どのようにベットするのかによって敗北分を補えるのがマーチンゲール法です。

マーチンゲール法は難しくはないからこそ

負けたら倍にしてベットすることで、勝利した際に負けた分を回収できるのがマーチンゲール法です。
至ってシンプルでありながら、一度の勝利によってそれまでの敗北を回収できる計算式が成り立っている点がマーチンゲール法の特徴です。
しかし、決して難しいベット術ではないものの、いくつか気を付けておいた方が良いことがあるのも事実です。

まず、自分自身の軍資金です。
負けたら倍にしてベットしていくことになりますので、負けが続くとベット額も増えていきます。
仮にですが、回収する前の段階で軍資金が尽きてしまったら、回収はおろか大きな損失を出して終わりになってしまいます。
イーブンベットは2分の1の確率で当たるものではありますが、負けばかりが続く可能性とて決してゼロではありません。

さらにはテーブルリミットです。
テーブルリミットとは、一度のゲームで賭けられる限界額です。

テーブルリミットは、ハイローラー以外は普段はさほど意識するようなものではないのですが、マーチンゲール法を駆使し、負けが続くとベット額が増えていきます。
すると、テーブルリミットの存在が見えてくるようになるでしょう。

テーブルリミット以上の額をベットすることはできなくなります。
すると、計算が変わります。
マーチンゲール法は負けた額の倍を加算していく手法ですが、テーブルリミットがあると、厳密な倍ではなくなりますので、勝利したところでそれまでの敗北を回収できなくなってしまいます。

自己資金、そしてテーブルリミット。
マーチンゲール法を活用するのであればこの点はしっかりと覚えておかなければなりませんが、裏を返せばこの二点以外、特に気を使うことがないとも言えます。

マーチンゲール法を活用できるゲーム

オンラインカジノに於いて、マーチンゲール法を活用できるものは多々あります。
例えばバカラがその代表です。
バカラはまさに「勝ちか負けか」を判断するだけのものになりますので、バカラとマーチンゲール法の相性は良いものです。

また、イーブンベットのようなのものであればルーレットでも使用可能です。
数字を細かく当てるタイプではなく、色を当てるだけのものであれば特に問題ないでしょう。

このように、マーチンゲール法はオンラインカジノでも活躍できるものです。
基本的にはイーブンベット、つまりは「当たりか外れか」の二択のものであれば全てに活用できる手法になります。

オンラインカジノでなかなか思うように勝利を掴めないと嘆いているユーザーや、感覚に頼ったベットなのであまりベットしていない時に限って勝利になったり、勝負に出た時に限って負けてしまってなかなか収支が思うようにならない、と嘆いているユーザーこそ、覚えておくとよいでしょう。

まとめ

マーチンゲール法はシンプルで、且つ敗北分を回収できるベット術になります。
初心者はもちろんですが、上級者でも活用しているベット術なので覚えておいて損はないでしょう。

また、マーチンゲール法を応用して生まれたベット術も多々ありますので、マーチンゲール法を覚えておくことで、他のベット術もすんなりと覚えられるというメリットもあります。
それらを踏まえても、覚えて負い損することのないベット術だと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。